NEWS

【アーチスト向け】美術作家のキャリア形成

プロのアーティストを目指す道は一つではありませんが、レンタルギャラリー(貸し画廊)で販売実績を積み重ね、その実績を持ってコマーシャルギャラリー(企画画廊)と契約するというのがこれまでの本道でした。
それに対し、最近の若手アーティストはレンタルギャラリーは利用せずにSNS(インスタやツイッター)で作品を発信し、ネット通販で販売するという今までとは異なった道を示しています。これはレンタルギャラリーを営んでいる者としては受け入れ難い現実ですが、お金をかけずに世界に向けて発信/販売できる方法がありながら、あえて高いお金を払ってレンタルギャラリーを利用しようと思うアーティストが減って行くのは当然のことなのかも知れません。
これまでコマーシャルギャラリーへの橋渡し役として機能してきたレンタルギャラリーの存在意義は低下し、その流れを止めることはできないでしょう。実際、著名な作家たちが無名時代に発表の場として利用してきた老舗のレンタルギャラリーでさえここ2,3年で次々と閉廊しています。
ただキャリアアップのツールとしてSNSやネット通販の重要性が高まる一方で、購入検討者が作品の現物を確認したいという心理は依然として存在します。そのSNSやネット通販の至らない点を補うために利用できるのが店舗併設ギャラリーです。
店舗併設ギャラリーの特徴として。
*長期展示が可能なので、購入検討者に現物を確認していただける。
*壁の一角を借りるだけなので、一般的なレンタルギャラリーと比べて料金が格段に安い。
*店舗には店員さんがいるので会場に常駐する必要がない。

特に制作や他の活動でまとまった時間を確保しにくいアーティストにとっては利用しやすい展示方法だと思います。

ego – Art & Entertainment Gallery © 2019