NEWS

【写真家向け】写真展のテーマと展示会場

カメラメーカーのギャラリーはショールームを兼ねているので集客は見込めるが、写真展を訪れる人がその写真のテーマに興味あるかと言えば、必ずしもそうとは限らない。 実際、当者が運営しているギャラリー(ego Art & Entertainment Gallery)で狩猟の写真展を開催した写真家・幡野広志さんは、カメラメーカーのギャラリーで写真展を開催した時は機材に関する質問ばかりで、写真のテーマに関する質問は少なかったと話されていた。

写真愛好家に撮影技術を観せたいのであればメーカー系ギャラリーがいいと思うが、撮影技術よりテーマを伝えたいような場合は、もっと適した場所があるかも知れません。

例えば、ファッション写真とブティツク、旅行写真と旅行代理店、鉄道写真と鉄道博物館、水中写真と水族館、パンケーキカフェとハワイの写真など。色々なタイプの施設との組み合わせが考えられます。

ego – Art & Entertainment Gallery © 2019